2005年05月13日

最高の褒めコトバ from アインシュタイン

いろんなすげぇ人達が心に刻んでる文を紹介します♪

オレ自信もかなりこの文にはヤラレました。

では、希代の天才よりお言葉を♪ 

−−−−−−→

世界は進むだけ進み、
その間、幾度も闘争が繰り返され、
最後に闘争に疲れるときが来るだろう。

その時、世界の人類は必ず真の平和を求めて、
世界の盟主をあげねばならぬ時が来るに違いない。

その世界の盟主は武力や金力でなく、
あらゆる国の歴史を超越した最も古く、
且つ、尊い家柄でなければならぬ。

世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰り、
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならぬ。

我等は神に感謝する。
天が我等人類に日本という国を造っておいてくれたことを。



1922年(大正11年)アルバート・アインシュタイン

                     −−−−−−→
posted by ジョージ at 15:13| Comment(4) | TrackBack(1) | ---→スゲェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、めちゃいい!!
感動。・゚゚・(>_<)・゚゚・

世界が最終的に平和になるって
とてもいい。

アインシュタインはさすが!!!!!
やっぱり相対性理論考えただけある!
そんな人が言っている事だから、
本当にもともと日本には普遍的な要素がとてもたくさん
会ったんだろうなって思う!

ジョージはフラクタルって知ってる?
Posted by えんどぅ at 2005年05月14日 14:18
ほぇー
Posted by ユーイチロー at 2005年05月30日 01:14
うぅー、あたしはコレは苦手かも…><
没年は1955らしいが、彼は本当に最期までそう思っていたかな?
って気がしてしまうし。

こういう系書かれるのイヤだったら言ってね。
Posted by らいこ at 2005年05月31日 16:32
>えんどぅ

フラクタルってなんじゃらほい??


>らいこ

本当に思ってたかどーかんんてかんけーないでしょ
それを聴いたり、みた人が共感できるか
どーかってだけさ(笑

オレは共感した
らいこは共感できなかった

ただそれだけさね
Posted by じょーじ at 2005年05月31日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3609983

この記事へのトラックバック

5/18 心のビタミン(^^)
Excerpt:   常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションのことをいう                  アルバート・アインシュタイン 柔らかアタマでいたいね♪..
Weblog: 本当の「豊かさ」目指して せらぴすと はれさんの日記
Tracked: 2005-05-18 12:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。